簡単宅録を始めよう!どのDAWがおすすめ?

どうも。宅録してますか?

宅録初心者なら誰でも、どんな機材を準備したらいいのかわからない。どんなマイクを。どんなインターフェースを。と悩むことでしょう。

考えすぎて夜も眠れないなんて人もいると断言しても過言ではないくらいに、DTM 人口は増えてきたと痛感している。

ということで、簡単な宅録の第一歩として、なくては始まらない DAW について書いていきます。

スポンサーリンク

まず宅録には何が必要?

  • PC (Windows でも Mac でも可)
  • DAW
  • オーディオ インターフェース
  • マイク
  • ヘッドホン

基本的には以上の 5 点があれば、とりあえずの宅録はできます。その中でも特に選択を迷っている人が多いのが DAW ではないでしょうか。実際 DTM・宅録について相談されるとき必ず話題に上がるのは、「結局DAWって何を使えばいいの?」という話。

それだけ迷っているぴーぽーがいるということで、まずはこの DAW についてご紹介していこうと思います。

マイクについてはこちらの記事をどうぞ。

簡単宅録を始めよう!ダイナミックとコンデンサーどちらがおすすめ?
簡単宅録を始めよう!ダイナミックとコンデンサーどちらがおすすめ?
自宅で録音して音源を作成したい。 SNS や動画配信サービスを使って生放送をしたいと考えているあなたに読んでもらいたい。マイクにつ...

Digital Audio Workstation とは何か

DAW とは、見出しに記載した通り Digital Audio Workstation の頭文字を取った略語です。
わざわざ 「でじたるおーでぃおわーくすてーしょん」 と呼ぶ人は少なく、世間では 「だう」 と呼ばれていますね。

この DAW を使って、PC上で音楽を作成していくわけです。

実際の画面はこんな感じです。

実際に録音された音声データを編集したり、エフェクトをかけたりして一つの音源を作成していきます。

ソフト音源 (生の楽器の音を収録している音源集) を使って作る場合、”打ち込み” と呼んだりしますね。

また、この DAW には様々な種類があります。製品版として有料で販売されているのは、

無償のものだと

無償のソフトは実際にインストールして使用することができますので、上記リンクからダウンロードして使ってみてください。

Pro Tools

初めて DTM・宅録をする場合、まずは無償のソフトを使用してみるという方がほとんどだと思います。
しかし、慣れてきた時に真っ先に購入を検討するのは、この DAW でしょう。
Avid 社の Pro Tools 先生です。

プロの音楽現場でもよく使用されており、業界でも愛用者が非常に多い製品です。レコーディング スタジオで愛用されていることもあり、音質については非常に高いクオリティを誇っています。

「CD と同じ音にしたいなら Pro Tools を使え」 と言う人までいると聞いたこともある優秀な DAW ですね。

以前は Pro Tools 用のオーディオ インターフェースがないと使用できませんでしたが、現在はどのオーディオ インターフェースでも使用できるようになっています。OS も Windows / Mac 共に動作しますので、新たに PC を購入する必要もありません。

Pro Tools First を使ってみよう

なんと現在は、有償の Pro Tools と同等のクオリティのツールが無償で使用できる Pro Tools First なるものが存在しています。
まずは Pro Tools First を使ってみて使用感を確かめてみるのもいいですね。

-> Pro Tools First

Cubase

続いて Cubase です。
ドイツの Steinberg 社が開発している DAW です。現在は YAMAHA の傘下にあり、信頼の置ける製品であることは間違いないです。

こちらもプロの現場で使用されることが多い DAW で、主に打ち込みメインの DTM では使い勝手で軍配があがる製品でしょう。Perfume やきゃりーぱみゅぱみゅなど、テクノユニットのプロデュースをしている 中田ヤスタカ さんはこの Cubase を使用しています。私も以前は Cubase を使用していましたが、慣れると非常に使い勝手がいいです。

こちらも Windows / Mac 両 OS で利用可能です。

VariAudio が便利

Cubase には “VariAudio” というピッチ補正のプラグインが規定で搭載されていて、自動で他トラックのキーを把握し、そのキーやハーモニーなどから適切なピッチに補正してくれます。ボーカルの宅録をする方であれば頼らない手はないでしょう。

VOCALOID Editer for Cubase

また、“VOCALOID Editer for Cubase” の存在が、他の DAW と大きく差別化された部分でもあります。
この “VOCALOID Editer for Cubase” を使用することで、VOCALOID の打ち込みはもちろん、詳細な調声まで行うことができるため、Cubase を使用しているボカロP は多いようですね。

Logic Pro

最後は Mac ユーザーにとってはおなじみの Logic Pro です。


この DAW は動作可能 OS が Mac のみとユーザーを選ぶ製品ではありますが、自宅の PC が Mac であれば最有力候補として考えても良いでしょう。
理由は単純です。価格が 23,800 円 (2017年3月現在) と他の DAW と比べても遥かに安価で、フルの製品版 DAW を安く入手したいと考えている方は、迷わず Logic Pro を選んでも問題ないと思います。

私も現在は LogicProX でアコースティックギター・ボーカルの録音やミックス、マスタリングまで行なっていますが、以前使用していた Cubase と比べても遜色なく動作してくれています。
また、Mac での使用に最適化されているためか、動作も非常に軽くストレス フリーであることも大きなメリットでしょう。

Logic Remote で簡単操作

加えて、Logic は周辺機器と接続することができます。

宅録をしていると同じフレーズを 2 時間 3 時間と永遠録り続けることもあるのですが、そんな時も iPhone と Mac を接続しておけば大丈夫。
iOS 向けの “Logic Remote” というアプリが提供存在し、手元で録音や再生などの操作が可能となっています。操作感はぐんとアップしますので、iOS を所持しているなら使わない手はないでしょう。

※ Logic は iTunes Store でのみ購入可能です。

Logic Pro X

まとめ

とことん音質にこだわりたい -> Pro Tools

打ち込み音楽を効率よく作りたい -> Cubase

Mac OS で安価に DTM を始めたい -> Logic Pro

といったように、どんな用途で使用していくのかで選ぶことが大切です。決して安い買い物ではないので、納得できる DAW を選びましょう。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。