漢字からひらがなへのトランスフォームに怠惰を感じる

ひらがなを使用している全日本国民に告ぐ。

アナタ…怠惰デスね(デスッ!!!)

スポンサーリンク

怠惰ァ!なひらがな (各行)

あ行からそれぞれ、私が選ぶ実に実に実にぃぃぃ ”怠惰な進化を遂げたひらがな” を紹介していきますよ。

あァ!行

あ行にはいますねぇ…怠惰なひらがなが…

草書の時点で2画しかなくなってしまいましたねぇ…
しかも、うかんむりの点以外は原型をとどめていませんねぇ…怠惰デスねぇ…

かァ!行

か行にもありましたねぇ…

ほとんど行方不明、ヴァス!

さァ!行

さ行も負けず劣らずデスねぇ…

いませんねぇ…田がどこにもいませんねぇ…
なめらかな曲線はどこから来たのでしょうねぇ…

たァ!行

た行は生物っぽいデスねぇ…

1画にしてしまうとは、怠惰デスねぇ…
たぁだ…矢印を逆にすると細胞分裂している様…デスッ!

つ、勤勉デスねぇ…

なァ!行

デスとねぇ…くらいしかないんだよねぇ…

そろそろお気づきでしょうかぁ…画数を減らすために曲線を用いるのですねぇ…

工夫をしないこのワンパターンさ、アナタ…怠惰デスねぇ…

はァ!行

あと5つデスねぇ…

見えざる部!!!あ゛ああぁぁぁ、脳が震えるぅぅぅぅ (アハ体験)
しかし…最後は1画にしてしまう…

アナタ、たーいだデスねぇ。

まァ!行

ま行。中だるみ感に耐えられなくなって来ましたねぇ…

本当に美から派生したのでしょうかねぇ…
画数もフォルムも自分を見失ってますねぇ…

やァ!行

やっとや行…です…

や行は皆勤勉デスね。
“そ” よりは田要素が残っていますねぇ…

らァ!行

ら行…あと2つ…

草書から実に実に怠惰…!
田系は怠惰デスねぇ…

わァ!行

最後…デス!!!!!(歓喜)

辶はどこへ逃げたのデスか?
捕まえられなかったのであれば、それはやはり怠惰デスねぇ…

最優秀アナタ怠惰デスね賞

ノミネートされたひらがなは基本怠惰デスが、中でも怠惰、

怠惰怠惰怠惰ぁぁぁぁぁあ!だったのは

“へ”

立も口も阝も消え横線1つになってしまうとは、アナタ怠惰デスねぇ…

まとめ

すべてのひらがなを観察しまして、「曲線でごまかしてる系のひらがなは基本的に怠惰である。」
そう結論づけたよ!

他にも “ひ” なんかもいい線行ってましたが、同じ は行 を勝ち上がった最優秀怠惰賞の “へ” にはさすがに叶いませんでしたねぇ。無念。

追伸
ずっと同じ文字を書いていたので、ゲシュタルト崩壊が止まりません。
書道家のみなさんってすごい…デス!!!