【ディズニーの暴力】ブログ開始半月ちょいでPV格差社会ができあがってる

シェアする

おととい (3/28) の早朝ね、どんな記事書こうかなーと悩んでたんです。でもほら、僕って集中力続かないタイプのゆとり世代じゃないですか。

だからすぐ考えるの飽きちゃって、SIM ささないで iPod 兼ゲーム機として使ってる iPhone6 に音楽入れようと Mac と繋いだら、

「iPhone ソフトウェアの最新バージョン (10.3) があります。今すぐダウンロードして iPhone をアップデートしますか?」

[キャンセル] / [ダウンロードのみ] / [ダウンロードしてアップデート]

って出てきたのね。やっぱり新しいもの大好きゆとり世代としては、

「するする〜♡」ってなっちゃうじゃないですか。アホ

スポンサーリンク

ディズニーの権力 (圧政)

そしてやっぱりゆとり世代だから、一番気になるのはツムツムのスコアなのね。ツムツムのスコア高いやつはカースト上位。気安く話しかけないでくれる?みたいな。

とりあえずディズニーの話押さえておけば女子とも気軽に話せるみたいな。

つまりディズニー圧政時代なのです。

むしろ知らないと、

(え、何こいつディズニー全然知らないじゃん処刑)

となる。女子怖い (偏見)。

でもツムツムのスコアが高いと

「隣のクラスの 〇〇君 ツムツム上手なんだってー♡」
「えー?今度 LINE 交換してもらおうかなーキャー♡」
「〇〇 君わたしにもハートちょうだ〜い♡」
「君スコア高うぃーね!ドゥーウェッテードゥウェッテツッテー (ブンッブンッブンッブン)」

ってなことになるわけですよ。

圧政下では、ルールに則りいかに自己をアピールするかが大切なのです。ツムツムのスコアはそのアピール手段なのだ。

ということで、不具合だなんだと話題になっていたシンデレラでプレイ。どうせチェーンできない問題は改善してないんでしょ?と思いきや、

あれ、あれあれアレアレアレ、メッチャチェーン繋ガルヨ?いきなり 1 億点デタヨ?プルプル

ぷるぷる

ディズニーにも真っ向から対抗できるであろう大大大企業 google 様で検索してみても、特に iOS 10.3 でのツムツム速報みたいなのは出てこない。

こ、ここここれこれ、これこれこれこれはこれはこれはこれはああアアアアア!


地獄でなぜ悪いの星野源風

つまりすぐに記事を公開してしまえば独壇場なのでは!?と思ったということです。

現在は iOS 10.3 アップデートによりシンデレラで 10 億点超えしてる動画もある。すごひー。

↓こちらの記事で紹介してます↓

【ツムツム】iOS10.3で10億点超えを確認!最強シンデレラ復活か?
【ツムツム】iOS10.3で10億点超えを確認!最強シンデレラ復活か?
iOS 10.3 にアップデートしてシンデレラで高得点を出している人はいないのかと探してみたところ、驚きの高点数を出している動画を発見しまし

圧倒的ディズニー…!

そしてそして

これがこのブログのページ訪問数ランキング (3/30 時点) なんだけど、1 位と 2 位の格差。

メガネ : ディズニー = 1 : 51
メガネ無力かよ。。。

しかもこの記事以外の全記事の合計 PV 数と比べても、この記事の PV は 5 倍強。

まあ、このブログ始めたの今月 3/13 からだし、むしろブログ自体初めてだから絶対数は全然しょぼいんだけど

それにしてもディズニーっ…

圧倒的ディズニーっ…!

PV 数の格差について

ブログを始めてまだ半月ほどですがそれでもかなりブログについて調べました。

「ブログ 収益化」
「ブログ アクセスアップ」

みたいな収益化関連もそうですし、参考にすべきブロガーさんなんかも調べて、記事も読み漁りました。

そんな中で、どのブログで見たかは忘れたのですが (申し訳ない) 稼げているブロガーさんが書く記事は全てが PV 数を稼いでいるわけではないと書いてある記事がありました。
もちろん全ての記事で大量 PV を獲得している別格な方々もいます。

だからこそすぐに諦めず、継続して、たくさん記事を書き、大量 PV を獲得できる記事が生まれるのを待つ。と。

でもなんか「あー、なるほど。」と思いました。だってすごいブロガーさんたちって、どんな記事を書いても爆発的に集客できるセンスがあるのだと思っていましたから。

でも実情は全部が全部そうではないということで、好きなこと書いて PV が稼げなくても、大丈夫!

安心して好きなことたくさん書きましょう!
PVはほしいけどねー!!!

ぼくらはみんな生きている 生きているから うれしいんだっ…

圧倒的うれしいんだ…!
ドゥーウェッテードゥウェッテツッテー (ブンッブンッブンッブン)