【10000mAh】2種類のケーブル内蔵なのに2000円台で買える大容量モバイルバッテリー【Eonfine】

シェアする

今回は軽量薄型のモバイルバッテリーを購入しました。

これまで使用していたのは、家電量販店で適当に選んだバッテリー。分厚いし重さもあって存在感のあるバッテリーでしたが、容量は 8000mAh あり購入当時にしては大容量だったため長期間使用していました。

がしかし、現在はモバイルバッテリーの需要も増えて来たようで、より軽くより薄い大容量モバイルバッテリーがわんさか。

もっと早く知りたかったな。

スポンサーリンク

Eonfine 薄型軽量モバイルバッテリー

今回購入したのは Eonfine のモバイルバッテリー。

軽量最薄と謳っているだけあって、とにかく薄くてとにかく軽い。

  • サイズ: 厚さ約12.8mm 横幅約 68mm 縦幅約133mm
  • 重量: 170g

色はガンメタで非光沢。2000円台で購入できるにもかかわらず、チープな印象は感じさせないデザインになっています。

バッテリー残量はランプで確認できます。

今の時代 10000 mAh という大容量のバッテリーでも2000円台で購入できてしまうんですね。良い時代になりましたねー

充電ケーブルは必要なし!

Eonfine はモバイルバッテリー本体に受電用のケーブルが収納されているため、わざわざ別でケーブルを準備する必要はありません。旅行時なんかは特に、できるだけ余計なものは持ち運びたくないですものね。

それに加えて

iPhone 用の Lightning ケーブルと Android 用の microUSB の両ケーブルが収納されているので、僕みたいに ”メインスマホは Android、音楽プレイヤーとして iPod or iPhone” という複数台持ちの人間にとってはとても便利なんです。

microUSBケーブル

逆側には Lightning ケーブル

2.4A の急速充電にも対応はしているのですが、本体に付属しているケーブルは 1.0A での受電のみ可能となっていて、急速充電を行いたいときは別途急速充電に対応しているケーブルを使用する必要があります。

電源ボタンを左にした状態で左側のUSBポートが 2.4A 対応

本体に microUSB と Lightning 両ケーブルが付属しているだけでも

「充電器持ってる?」

「あるよー。あ、でも Android のケーブル無いや。」

みたいな残念な雰囲気を回避できるので、友人たちには喜ばれるなんてこともあるかも知れません(笑)

同時に4台まで充電可能

ぶっちゃけ

「本当に 4台も同時に充電するのか?」

という疑問はありますが、まあ

4台同時充電できる > 同時充電できない

だとは思います。

ポケットwi-fiと、スマホと、ノートPCと、できれば音楽プレイヤーも充電したい……

なんて欲深い電源の亡者には素敵な機能ですね!

実際使ってみてもらった

正直、どうせ2000円台という安価なバッテリーだし、最悪以前のバッテリーと同じくらい (8000mAh) 充電できればいいかなーと思って購入しました。

ですが、彼女が3泊4日の旅行に行く機会があり ”iPhone7 Plus の充電用に” と Eonfine を使ってみてもらったところ

「20% を切った状態の iPhone7 Plus を 4 回満充電したけど、旅行中にモバイルバッテリーを充電しなくても保ったよ!」という朗報が!

結局モバイルバッテリー自体は一回も充電することなく帰ってきました。

わかりづらいと思うので計算してみると

  • iPhone7 Plus の最大バッテリー容量は 2675mAh
  • 残量 20%以下の状態から満充電する場合、一回で最低 2140mAh の充電が必要

つまり、2140mAh × 4 回 = 8560mAh

※ 改めてバッテリー寿命アプリで iPhone7 Plus のバッテリーをチェックしてみたところバッテリー健康度は 98% となっていたため、若干の誤差はあるかも知れません。

厳密に計測しながら確認したわけではありませんが

最低でも 8560mAh 以上の容量はあるということですね。

まとめ

サイズ感は僕の所持している iPhone6 とほぼ同じサイズです。

厚さはiPhoneより少し飛び出るくらい。

それに加えて、

  • 170g と軽い
  • 2種類のケーブルが収納されている
  • 4台同時充電が可能
  • 大容量 10000mAh

これだけ実用性に優れていて、なんと

2,290 円。

なんというコスパモンスターだ!すげえ!

ということで特にこだわりが無いなら、とりあえずこのバッテリー選んでおけば失敗はないんじゃないかな。

以上!新モバイルバッテリーのレビューでした!