iOS11インストールしたので便利だと思ったことまとめ

シェアする

つい何時間か前にもいろいろなメディアさんがiOS11について記事を公開していて「配信開始は9/20未明」ということでしたが、現在僕の iPhone, iPad ともにインストールの通知が来ている。

ということで早速インストールしました。

どちらかと言うと iPad の方が恩恵を受けている気がしますが、パブリックベータ版リリース時から使用してきて便利だなと思ったことを簡単にまとめます。

スポンサーリンク

iOS11での変更点

  • 片手キーボードが使用可能に
  • コントロールセンターのデザイン変更
  • スクリーンショット書き込み可能
  • マルチタスク機能が便利に (iPad)
  • Dock が追加 (iPad)
  • ロック画面と通知センターが一緒に
  • ドライブモード
  • 「ファイル」アプリ追加
  • App Store デザイン変更
  • QRコードスキャン

などなど

といっても Public Beta Software を使っていたので、もうある程度は把握済み。

実際に使っていて特に便利になった、大きい変更だなと実感したのは、

  • 片手キーボード設定可能
  • コントロールセンターでできることが増えた
  • スクリーンショットの書き込みができるように
  • ドラッグ アンド ドロップできるように
  • iPad で Dock が追加された
  • マルチタスクが強化

このあたりでしょうか。

ずっと Android を使っていた私としては「ファイル」アプリも期待していたのですが、正直今のところ Chromium OS のエクスプローラーの劣化版のような印象なので、 iPhone, iPad を使用していて「ファイル」アプリを開くことはほとんどないです……

もう少しiPhoneでできることが増えればもっと使用用途は見いだせるかもしれませんね。

他にも AR アプリが使えるようになったり、AppStore のデザインが新しくなったりと色々な変更点はありますが、特に便利だと感じた部分はまだありませんので、とにかく早くみなさまに知っていただきたい便利なアップデートをまとめます。

片手キーボードが使えるように

片手で扱いやすいように、キーボードが左右に寄せられます。

特に説明することはアリませんが、最近の iPhone は画面が大きいので意外とこの機能は嬉しい。

コントロールセンターでできることが増えた

従来のコントロールセンターの表示とからガラッとデザインが変更され、コントロールセンター内でできることが少し増えました。

僕はずっとパブリックベータ版のiOS11を使用してきたので前のコントロールセンターの表示を忘れちゃいましたが、めちゃくちゃ使いやすいのでよくアクセスしてます。

スクリーンショットの書き込みが可能に

この画像は iPad でのスクリーンショット。iPhone でも同じようにスクリーンショットに書き込みができるようになっています。

スクリーンショットを撮ると、画面左下に一定時間スクリーンショットが縮小表示されます。その縮小表示をタップすると、画像編集画面が登場。

上から「ペン」「マーカー」「鉛筆」です。それぞれ 5 色用意されています。

また、同画面でスクリーンショットのトリミングもできるようになっているので、画像の不必要な部分を削って、必要な情報だけを簡単に保存・送信することができます。

iPad では [Dock] が使用可能に

画面の下端から上へ向かってスライドすると、アプリを起動中でも Dock が現れます。

画像の赤枠部分が、使用中アプリの表示領域。枠を点けていない部分が固定して表示できる領域です。

上記画像では Safari を起動していますが、ここからさらに Dock 上のアイコンを画面上にドラッグすると……

このように同画面上に新たにドラッグしたアプリがフローティング表示されます。

マルチタスクの強化

さらにさらに、フローティングされているアプリ画面上部に表示されている「ー」を下にスワイプすると、アプリごとに画面が分割され完全にマルチタスク状態で使用することが可能になります。

アプリ間のバーをスライドさせると、それぞれのアプリで使用する画面領域を変更することができます。

また、「Dock」が表示された後も上へとスワイプを続けるとコントロールセンターが表示されるようになっていますが、上記画像のようにマルチタスク状態で使用しているアプリは、そのままの画面で作業としてタスク管理されるようになっています。

ドラッグ&ドロップでよりスピーディーに

ドラッグ&ドロップが便利に使用できるようになっています。

こんな感じで写真アプリとメールアプリをマルチタスクにしておいて、画像をドラッグ&ドロップすると

簡単に画像を添付できちゃいます。楽ですね。

まとめ

とりあえず、iOS11からパブリックベータを使用してみて便利だなと思った機能まとめでした。AR kit 対応のアプリなんかも楽しみですが、普段使いでこれだけ便利になっているのはとても良いですね。

取り急ぎまとめでした。

Apple Pencil との相性もかなり良くなっているので、これからのアップデートも期待です。

新型iPad Pro10.5インチ (2017) + Apple Pencilは液タブとして使えるのか?
新型iPad Pro10.5インチ (2017) + Apple Pencilは液タブとして使えるのか?
iOS11がリリースされましたね!!!ここ何年かずっと憧れ続けてきた液晶タブレット。通称液タブ。何度も購入を検討してはあまり
スポンサーリンク

シェアする

フォローミー!