iPad Pro10.5インチモデルで 『iOS11 パブリック ベータ ソフトウェア』

シェアする

なんとiOS11の『パブリック ベータ ソフトウェア』が公開されたということで、先日購入したiPad10.5インチモデルにインストールしてみました。

WWDC17でiPadの機能拡張が話題になりましたが、実際どんなもんでしょうか!早速試してみたいと思います!

スポンサーリンク

Macのようなドックが追加された

iOS11のアップデートのメインと言えば、”Macと同様のドック追加” ですよね!なにかアプリを起動中でも画面下端から上へスワイプするとひょこっと出てきて、かなり使いやすそうです。

iOS10までは左右全幅に広がっていましたが、デザインもMacのようなドックに変更されています。試しにアプリをドックに追加しまくってみたところ、16個まではドックに追加することができました。

また、これまたMac同様に使用したアプリがドックの右端に表示されるようになっています
赤で囲った部分が使用したアプリ。

アプリの切り替えには便利なのですが、アプリを終了する際の動作が少しわかりづらい動作になっていて、タスク画面から当該アプリを終了してもこのドックに残ってしまうんですね。

こちらはドック右端に追加されたアプリを長押しすると表示される ✕ マークをタップすることでドックから除外することができるようになっていました。

※ただし、✕ マークをタップするとアプリ削除メニューも同時に表示されるので、誤ってアプリを削除してしまわないように注意が必要です。

マルチタスクがすごい!

そしてマルチタスクですが、これまたかなり便利そう。

こんな感じでアプリを起動している状態で、ドックから別のアプリを画面にドラックすると、起動中のアプリの上に新たにアプリが展開されます!(Slide Over状態)

そして立ち上げたアプリ上部の “ー” 部分を下にスワイプすると…

アプリの画面使用領域が分割され、2つのアプリを同時に使用できる “完全マルチタスク状態” になります。(Split View状態)

実はここまでは iOS10 まででもできたのですが、iOS11がすごいのはここから。

上記のようなSplit View状態でタスク管理画面を開くと…

なんと 『”2つのアプリを開いている状態” を1つタスク』として管理をすることができます…!

現在のiOSでは1アプリが1タスクとして管理されますが、iOS11では “作業” をまるごと一つのタスクとして管理することができるので、作業ごとに画面を切り替えて使用することができちゃうんですねー。素晴らしい。

Apple Pencilもより便利に

そして、新しいiPad Pro では Apple Pencilのレイテンシ(遅延)が20msまで減少しており、よりスムーズに、快適にApple Pencilを利用できるようになったわけですが、

iOS11では更にApple Pencilが有効利用できるように機能が追加されています!

スクリーンショットに直接書き込める

iOS11ではスクリーンショットを撮影すると、画面左下に撮影した画像が数秒間だけ表示されます。そしてその表示部分をタップすると撮影したスクショに書き込みができる編集画面が表示され、画像に直接メモなどを書き込むことができるんですね!

友達に地図を送信する時なんかは情報を手書きでプラスすることができたりして便利ですね!

ロック画面からメモできる

そしてこちらは完全にApple Pencil専用の機能ですが、ロック画面をApple Pencilでタップするとメモアプリが立ち上がり、瞬時にメモを取ることができます!

電話中とか片手が塞がっている時なんかはワンタップでメモができるし、メモ帳を抑える必要もないのでメモが楽になるかも!

フリック入力も楽に

ちょっと地味ですが、この変更で確実に文字入力が楽になりました!

今まで日本語フルキーボードで数字を入力する場合はキーボードを切り替える必要がありましたが、フリックで数字を入力することができるようになりましたー!べんりー!

iPhoneではキーボードを寄せられるように

また、iPhoneではキーボードを左右に寄せることができるようになりました!

iPhoneもどんどん大画面化し純正のキーボードでは片手入力が難しくなってきていたので、SimejiやWordLightなどのキーボードアプリを使っていましたが、これで純正も使用できますね!

ファイル管理が進化

iOS11からはAndroid端末のようにファイル管理のアプリが使用できるようになります!

こんな感じでアプリ内でファイルを操作できるんですね!

タグ付けしたり、フォルダーの中にフォルダーを作成して整理したりできます。端末内のファイルもiCloud上のファイルもこのアプリで一括管理可能です。

そして一番大きなポイントは “Zipファイルを展開できる” ようになった点!これからはZipファイルをそのまま受け取れるので、相手に手間を書けさせることもなくなりますね!

iOS11 パブリック ベータ ソフトウェアの使用方法

ご紹介したiOS11 パブリック ベータ ソフトウェアは、Apple Beta Software Programのページに記載されている手順でプロファイルをダウンロードすることで誰でも使用することができます!

プロファイルをダウンロードすると再起動を促されますので、再起動後「設定」→「一般」→「ソフトウェア アップデート」よりダウンロード・インストールが可能です。

※ 配布されているソフトウェアはベータ版なので、何か問題が発生した際に復元ができるよう必ずバックアップを取ってからアップデートを実行してください!!!

まとめ

iOS10 → iOS11では大きなアップデートが満載で、これからiPadを利用していくのがますます楽しみになりました!

とくにマルチタスクに関しては、まだあまり触れてはいませんがかなり利便性アップの予感。これまでも 「Slide Over」「Split View」といったマルチタスク用の機能はありましたが、毎回アプリを選択して画面に追加するのではなく “作業をまるごと保存できる” というのが非常にスマートで良いですね!

他にはマップ アプリで屋内マップも表示できるようになるようですが、現時点ではまだほぼ未対応のようなものなので、今後のマップ充実に期待!

とりあえず、『iOS11 パブリック ベータ ソフトウェア』の試用感想でした!

では!

新型 iPad Pro / アクセサリーのレビュー記事はこちら

iPad Pro 2017(10.5インチモデル) は最高のエンタメ機器?電子書籍・動画視聴が快適すぎる!
iPad Pro 2017(10.5インチモデル) は最高のエンタメ機器?電子書籍・動画視聴が快適すぎる!
さてさて、先日 WWDC17 にて発表された新型 iPad Proですが、ついに我が家にもやってまいりました!!!スペック詳細や新機

Apple Pencil のレビューはこちら

新型iPad Pro10.5インチ (2017) + Apple Pencilは液タブとして使えるのか?
新型iPad Pro10.5インチ (2017) + Apple Pencilは液タブとして使えるのか?
iOS11がリリースされましたね!!!ここ何年かずっと憧れ続けてきた液晶タブレット。通称液タブ。何度も購入を検討してはあまり