【レビュー】iPad Pro 2017 10.5インチは最高の買い物だった

スポンサーリンク
iPhone/iPad

さてさて、 WWDC17 にて発表された新型 iPad Proですが、ついに我が家にもやってまいりました!!!

スペック詳細や新機能の紹介は他のサイトやブログですでに書きつくされているので、この記事では実際使ってみて・触ってみて

「楽しい!」

「すげえ!」

と感じたことをご紹介したいと思います。  

スポンサーリンク

開封

とりあえず開封して、付属品など確認します。

箱・付属品

箱の印刷を一目見るだけでベゼルがとても狭くなったことがわかりますね。

我が家で購入したのはiPad Pro 10.5インチのWi-Fiモデル。色はシルバー。

ストレージは64GBと256GBで迷いましたが、用途は “絵を描く” “VOD・Youtubeで動画を見る” “電子書籍を読む” “写真を編集する” くらいなので64GBを選びました。

音楽・写真はAmazon Music UnlimitedとGoogle Photo、ビデオや電子書籍は見るものだけ都度ダウンロードという利用方法を取るので、あまりストレージが大きくても使いきれませんからね。

Amazon Primeを無料で試す

 

付属品

内容は非常にシンプル。iPad Pro本体の他には

  • 充電用のアダプター
  • Lightning ケーブル
  • 申し訳程度の情報しか載っていない説明書(というかカード)
  • Appleのステッカー

Wi-Fiモデルなので、iPhoneではおなじみのSIM取り外し用のピンなどもなく、本当に必要最低限の物だけが同梱されている感じですね。

とまあ、とりあえず中身の確認は終了したので、実際に使ってみたいと思います!  

スポンサーリンク

電子書籍が読みやすすぎる

まず気になったのは、よく利用する電子書籍サービス。

普段はXperia XperformanceかiPhone6で閲覧しているので、iPad Proのような大画面タブレットでの利用は初めてですが、非常に読みやすいです!

コミック

iPad Pro 本体を縦にするとコロコロ(懐かしい)とほぼ同じサイズで、よくある漫画単行本と比べるとページがかなり大きく表示されます。

続いて、本体が横向きの状態だとページが見開きで表示されます。

横向きの場合、表示サイズは単行本より一回り小さいくらいでしょうか。  

小説・ビジネス書

コミックだけでなく、小説なんかもかなり読みやすいですね。

スマートフォンでも文字の大きさを変えたりすることはできますが、やはり画面が小さいため文字を大きくすると1ページに表示される情報量が少なくなってしまうんですよね。

その点 iPad Pro は小さいサイズでも画面が10.5インチあるので、快適に読める文字サイズに設定してもそれなりの量の文章を表示することができます。

また、大きい画面になることで快適さが抜群にアップするのが、具体例を示す図や表が挿入されているビジネス書や教本なのではないかと思います。

以下のような図や表をスマートフォンで閲覧する場合、画面内に収まるようにかなり縮小されて図や表が表示されることになります。

その結果、わかりやすさ・理解度を上げるために挿入されているはずが、逆に読みづらくなってしまっている書籍も多いのです。

iPad Proだと見開きで表示しても十分な大きさを確保できるので、読み進めるのが楽になりますね!

電子書籍は特に、大画面との相性が良いように感じます!    

スポンサーリンク

リフレッシュレート120Hzの恩恵

新型iPad Proはリフレッシュレート120Hzに対応し、従来の60Hzから倍になりました!

パラパラ漫画に例えると、

今までは1秒間で60枚の絵をパラパラしていたのが、1秒120パラパラになり、描画がよりスムーズになった!

ということですね。

パラパラー!

正直人間の目でそんなに違いを感じられるものなのか疑問でしたが、店頭で実機を触ってみてすぐ「あ、これは120パラパラだ。」とわかりました。

ということでこのブログ「書けと言われれば書くよ。」の記事をスクロールして、どのくらいの違いを感じられるのか試してみました。

試しに以下の記事を Apple Pencil (一緒に買った) で上下にスクロールしてみます。

https://shnet.online/nakajimakoen  

スクロールしていない状態では1くるっぽーうですが、上下にスクロールしてみると…  

「「「「くくくくるるるるっっっっぽぽぽぽーーーーうううう」」」」 ご覧の通り、4くるっぽーうになりましたね。

完全に検証方法の選択をミスっていますが、1枚の写真に4時点の画面が写り込んでいるということで、かなりの速度で画面がリフレッシュされていることはお分かりいただけましたかね。

僕は正直ピンときませんけどね。

まあ実際触ってみるとスクロールが非常にスムーズになっていることを体感できるので、是非お試しください。  

動画視聴にだって向いている

何ヶ月か使用してみて、電子書籍と同じように動画視聴の際も快適に使用できるなーと実感。

僕はAmazon Prime VideoHuluの2つを契約して、なるべく取りこぼしの無いようにしようしています。

まあどっちでも良いんですけれど、iPad Pro との相性はとてもいいです。

電車で長距離を移動する時にバラエティを一本見るだったり、寝室のベッドの上で寝る前にちょっとアニメ見ようだったり空き時間・暇を潰すのには最高ですね。  

スポンサーリンク

同時に購入したもの

iPad Proを購入するにあたって、同時に購入したものをご紹介します。

今回は “iPadで絵を描く” ことがメインの利用用途なので、

快適に絵を描くためのアクセサリ

のご紹介になりますね。

Apple Pencil

もちろん外せないのは 「Apple Pencil」ですね。 箱はこんな感じ。

箱を開けると透明のビニールに包まれた状態ですっぽり埋まっています。

サイズ感と充電方法はこちらの画像で一緒にご確認ください。

サイズはiPad Pro本体の横幅よりほんの若干長い程度。

充電方法はご覧の通り、Apple Pencil上部のキャップ内にLightning端子がついていますので、Lightning ケーブル差込口にそのまま差し込みます。

見た目はなんというか非常にダサいですが、【公式ページ – iPad Pro で Apple Pencil を使う】によると “15秒の充電で30分利用可能” ということで、 充電切れで困ることはないので安心ですね。

ちなみにこの Apple Pencil、重心がすこぶる安定しておりますので、ペン回しがとてもやり易いです!

Apple Pencil の使い心地についてはこちらの記事をどうぞ

iPad Pro+Apple Pencilはイラストを描く液タブとして使えるのか検証してみた!【Medibang/Procreate】
iOS11がリリースされましたね!!!ここ何年かずっと憧れ続けてきた液晶タブレット。通称液タブ。何度も購入を検討してはあまりの高価格に断念し、検討しては断念しを繰り返してきました。がしかし!WWDC17にて発表になった新型iPad Proが、液タブとしての利用に

保護フィルム

防護フィルムも、絵を快適に描くのに適しているフィルムを選びました!

「”紙のような描き心地” って本当か?」と思いながらの購入でしたが、

まさに紙!!!

いやびっくりするくらい紙です。

音も鉛筆で紙に文字を描いている時と同じ音がします。

目をつぶったら本物の鉛筆で本物の紙に描いているとしか思えないくらいのペーパーライクっぷりです!

このフィルムはめちゃくちゃオススメします!  

 

ちなみに、iPhone/iPadでは画面割れ防止のためにガラス製の保護フィルムが多く販売されていますが、絵を書くのが目的の場合、ガラスフィルムを貼るとフィルム自体の厚さでペンが画面から浮いているように感じ書きづらい場合もあるようです。  

回転式カバー

最後はこちら、回転式カバーです。

カバーには特にこだわりはなかったのですが、万が一画面を立てた状態で絵や文字を書く場合に備え、回転型を購入しました。

iPad本体をホールドするケース部分がカバーの向きに関係なく回転するので、立ててセットすることが可能です。

もちろん横向きでのセットも可能です。

画像では角度をつけて立てていますが、カバーの畳み方次第で画面をより天井向きにセットすることも可能です。

上記商品はAmazon/楽天市場には出ていないようです……

いくつか他の回転型カバーを見つけたので、念のため貼っておきますね。

↑ これは商品がなくなっちゃったみたい ELECOMのカバーは上記商品に比べると結構値が張りますが、カバー自体にペンホルダーがついているので、Apple Pencilを持ち歩く方には良いかもしれませんね!

 

 

現在は Apple Pencil 収納用スペースが確保されているケースを使用しています。これまたすごくいい。

 

こちらの記事でレビューしてます!

Apple Pencilを収納できるiPad Pro 10.5ケースはこれで決まり!【iVAPO】
Apple Pencil を使いたくて新しい iPad Pro を買ったものの、Apple Pencil を収納できるケースが少ない。 仕方なく他のケースを使用している......そんな時にサンプルとして Apple Pencil を収納できる iPad ケースを提供いただきました。ご提供いただいてから既に半年以上たっていますが、今でも使っ
スポンサーリンク

iPad Pro 10.5インチの感想まとめ

本当は、iMacでの作業用にペンタブもあるし改めてiPad Proを購入する必要はないんじゃないかと思っていましたが、電子書籍の読みやすさを体感してしまうと「買わなくてよかった」なんて思えなくなりました!

ブラウザー開いてスクロールしているだけでも単純に楽しいし!

iOS11が登場してからはファイルシステムでのファイル管理やマルチタスク、またどの画面からでもドックへアクセスできるようになったりと利便性が大幅に向上しましたからね。

あとはマウスを接続することができない問題さえ解決すれば、本当にノートPCに取って代わる時代が来るかもしれない。

今後のアップデートさらに期待ですね!!!それでは!

※簡単なことであればお力になれる場合もございますので、気になる点などあればDMでご連絡くださいなー。

 

こちらの記事もどうぞ

iPad Pro10.5インチモデルで 『iOS11 パブリック ベータ ソフトウェア』
なんとiOS11の『パブリック ベータ ソフトウェア』が公開されたということで、先日購入したiPad10.5インチモデル...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました