【メディバン×少年ジャンプ】人気作品で練習〜漫画作成までこれ1つ!PC用漫画作成ソフト『ジャンプPAINT (Win/Mac)』

皆さんはイラストを書く・漫画を書く時、どんなペイントソフトを使ってますか?

僕はペンタブを購入したときにバンドルされていたペイントソフトをずっと使ってきました。

特に不便さを感じたりすることはなかったし最近はもっぱら iPad でお絵かきしていたので、PC で絵を描くことから離れていたんですよね。

とそんな時に、気になる名前のソフトが存在しているということを知りまして。

それが

“ジャンプPAINT”

 実際使ってみて、「え、こんなに盛りだくさんなのに無料なの……?」ってなっているので、是非みなさんにもご紹介させていただきたい。

全文読む時間が無いよって人向けに、注目のコンテンツやメリットなんかを “まとめ” 項目に記載しますので、そちらを読んでもらってもおおよそは理解できると思います!

 


ジャンプPAINTって何

まずジャンプPAINTとは何かといいますと、

  • ペイントソフトで有名な “メディバン”
  • 言わずと知れた漫画雑誌 “週刊少年ジャンプ” 

この2者が共同で開発した漫画作成ソフト。それが『ジャンプPAINT』です。

名前だけでも興味をそそられますよね。しかも無料とは思えないほどの豪華なコンテンツや機能の数々。

イラスト描いたり漫画作成したりするならチェックして欲しいめちゃくちゃ便利なソフトです。

ダウンロードはこちらから(ページを下にスクロールするとジャンプPAINT)のダウンロード項目が出てきます。  

Win / Mac 両OS に対応で完全無料!

まず導入に当たって確認するのは対応している OS ですよね。

僕は家に Windows の端末がなくて、iMac と ChromiumOS が入ったノートPCをそれぞれ1台所持しているのですが、

『ジャンプPAINT』は Windows版 と Mac版の2つが用意されているので問題なくインストールできます。

そしてインストール完了後さっそく起動すると……

なにやら沢山のメニューが登場。

この画面に表示されているコンテンツがすべて無料で使用できてしまうわけですね。  

おすすめしたいコンテンツ BEST3

数あるコンテンツの中から、個人的に「これすげえ!」と思わずにはいられなかったコンテンツを抜粋して紹介していきたいと思います。

1. チャレンジジャンプ

『チャレンジジャンプ』では、ジャンプにて連載された作品の原稿を使って、

ネームから下書き、ペン入れ、ベタ塗り、トーン貼りまで漫画作成に必要な工程すべてを練習することができるんです。

しかも何が嬉しいって、ジャンプ連載作品の中でも人気作品と言われる作品の “作業途中の原稿” を使って練習できること。

漫画を描く描かないに関係なく、見られるだけでも嬉しいですね。

そして練習したい項目を選択すると作業画面に遷移します。

すると右上になにやら見慣れたマークが……

このジャンプのマークをクリックすると……

なんと選択した練習項目の進め方やコツ、便利な機能などを読むことができます。これで作業中の不明点なんかを払拭しておくことができるわけですね。

こういった配慮はユーザーとしては嬉しい。

チャレンジジャンプだけでもこれだけ豪華なコンテンツが用意されている。この機能のためだけにインストールしてみても損はしないのではないだろうか。無料だし。

2. ジャンプ漫画賞講座

続いては『ジャンプ漫画賞講座』。

『ジャンプ漫画賞講座』ではプロ漫画家のインタビューを読むことができます。

漫画作成に関するよくある疑問や、プロだからこそのこだわり・技術なんかが実際のイラスト付きでわかりやすく解説されている。

ざっと目を通してみたところ、初心者でも理解できるようにまとめられています。

かと思えば “シーンごとのセリフで使用するフォントの選択” みたいな細かい内容も語られていたりして、既にバリバリ漫画描いてます!って人でも熱中できそうです。

プロ漫画家のインタビューってテレビとかで有名な漫画家が取り上げられることはあるけれど、肝心な漫画作成についての情報は全然喋っていなかったりするんですよね。
だからこそプロの生の声を読むことができるのは嬉しいですね。

3. 少年ジャンプルーキー

この『ジャンプPAINT』、漫画作成だけでは終わりません。

皆さん漫画を描いたら終わりですか?違いますよね。

きっと、

  • みんなに読んでもらいたい
  • 読んだ感想を聞きたい
  • 誰かに評価してほしい

きっとこんなことを思うはずです。

そんな人間の欲求なんかも、『ジャンプPAINT』では満たすことができちゃうのです。

具体的には何ができるのかと言いますと、

『少年ジャンプルーキー』

に投稿することで、毎月開催されている月間ルーキー賞にエントリーすることができるんです。

きっと『少年ジャンプルーキー』ってなんやねん。って人もいますよね。

月間ルーキー賞とは、少年ジャンプルーキーで毎月実施されるマンガ賞です。 毎月1日から月末までに投稿された作品のうち、ランキング上位10作品が候補作となり、その中から編集部の審査で選ばれます。選ばれた作品は賞のランクにより、ジャンプ各誌に掲載、もしくは掲載権が与えられます。

引用元: 月間ルーキー賞とは?

つまり、毎月開催されている新人用のコンペのようなもので、エントリーすると少年ジャンプの編集さんに自分の漫画を評価してもらえます。

しかも、毎月のルーキー賞に選ばれると

少年ジャンプに掲載されたり、賞金がもらえたりします!

その中でも “ゴールドルーキー賞” を受賞すると、少年ジャンプ本誌への掲載確約+賞金 ¥1,000,000 がもらえちゃったりします。すごい!

僕の中では漫画家デビューする為には「漫画を描く→出版社に持ち込む→編集さんに読んでもらう」みたいに結構手間がかかるイメージだったのですが、今やネットで投稿するだけでプロデビューできるかもしれない時代なのですね……

エントリー方法もとっても簡単で、とりあえず第1話だけでも投稿すればいいみたいです。

投稿さえしてしまえば勝手にエントリーされるんだそう。

なんだかとっても気軽・手軽になったんですね。すばらしい。

漫画を描いたら投稿でエントリー完了。その全てが『ジャンプPAINT』だけで完結!

機能面も充実!

ここまでの内容では “コンテンツが豪華” なイメージが強いですが、機能面も色々と充実していました。ユーザー目線で考えたときに「こんな機能があったらいいな」が実現されています。

そもそも元はメディバンペイント

これです。『ジャンプPAINT』という名前ですが、元となっているのはメディバンペイント。

メディバンペイントはプロのイラストレーターも使用していたりするペイントソフトですので、もちろんイラスト・漫画作成に必要な機能は揃っています。

レイヤーとかは当たり前として、ブラシの滲み調整ができたりします。デジタルでありながらアナログの質感を得られますね。

また、メディバンペイントではおなじみのイラスト投稿なんかもジャンプPAINT内で行うことができます。

メディバンペイントの使いやすさにプラスして少年ジャンプのコンテンツが使用できるイメージですね。

ファイルの一括取り込みができる

『ジャンプPAINT』は漫画作成ソフトというだけあって、

漫画の原稿ファイルを一括で取り込んで管理することができます。

この機能、

ものすごく便利ですよね

漫画を書く時、「下書きまではアナログでペン入れからPCで作業しています。」みたいにアナログ+デジタルで作業する人も大勢いると思います。

そんな場面でも、この一括取り込み機能を使えばすぐに作業を開始できちゃう。

もちろん取り込んだあとでページの移動・調整ができるので、原稿の管理もアプリ内で直感的に完了。 取り込み直後の画面。この画面でページの移動なんかができる。

また、取り込んだファイルはプレビュー機能で見開き表示することができるので、実際の漫画と同じレイアウトで確認することもできます。 詳しい手順はメディバンペイントの公式ページに掲載されていましたので、こちらをご参照ください。

アナログ原稿をスキャナで読み込み→ファイルを一括で取り込んで、漫画単位・話数単位で調整・管理” なんて使い方ができるわけです。

ファイルをクラウドに保存できる

『ジャンプPAINT』では描いたイラストや原稿をクラウドに保存することができます。

端末のストレージを圧迫せずに使用できるんですね。

今更「クラウドが使用できます!」なんて言われても、当たり前じゃん。って思うかもしれません。でも漫画を描くとなると多大な枚数の原稿を保存していくことになります。

地味に便利なんですよ。

しかも、個人で契約するクラウドストレージと違って料金は発生しない。

何より『ジャンプPAINT』1つで保存までできちゃうのは非常に便利です。

原稿管理もクラウド利用で端末のストレージ圧迫なし。保存まで一括管理。

クラウド素材を使用できる

『ジャンプPAINT』では他にもクラウドが活用されていて、

ブラシなどの素材をクラウドからダウンロードして使うことができます。

上から

  • 葉っぱ
  • サラダ
  • ねこスタンプ

他にもアクリルブラシやドットなど色々なブラシをダウンロードして使用することができます。

ねこスタンプの存在感が抜群。いつ使うんだ。

気になるポイント

ここまで『ジャンプPAINT』のすごさや豪華さを書いてきましたが、個人的に気になった点も記載しておきます。

とは言え、気になったのは1点だけ。

もっとないのかよ。って思うかもしれませんが、元がメディバンペイントという完成されたソフトだということもあって、アラ探ししようにもアラが見つかりませんでした。笑

ネットワークパネル ボタンの所在

『ジャンプPAINT』を起動すると一番最初に出てくる画面が『ネットワークパネル』という名前らしいのですが、最初はこのネットワークパネルを表示する方法がわからなかった……

この画面

このネットワークパネル、一旦閉じると作業画面のみになってしまって、その後もう一度ネットワークパネルを開こうとしても「どこから開くんだ……!!!」状態に。

初日は結局開き方がわからず、ネットワークパネルを開き直すために『ジャンプPAINT』自体を起動し直していました。

で、結局そのボタンはどこにあったのかと言うと、

この赤丸のボタン。完全に雲のマークなので、勝手にクラウド関連の機能のボタンだと思いこんでいました。

もう忘れません!!!  

まとめ

正直、”メディバンペイント” も “少年ジャンプ” も既に超有名ですし、紹介記事を書くまでも無いだろうと思いつつ最後まで書きました。

想像していたより便利だったのでね。

では、冒頭に記載したとおり、『ジャンプPAINT』のコンテンツや機能の簡単なまとめを一言でまとめていきます。

ここがすごいよ『ジャンプPAINT』!

【無料で使える】
コンテンツすべてが無料で使用可能

【OSを選ばない】
Win / Mac 両OSで使えます。

【チャレンジジャンプ】
漫画の描き方を1から練習できる(各項目解説付き)

【ジャンプ漫画賞講座】
漫画作成に関するプロのインタビューが読める

【少年ジャンプルーキー】
描いた漫画を投稿でルーキー賞にエントリーできる(賞金あり)

【クラウド保存ができる】
ソフト単体で漫画作成から管理まで可能

【ファイルの一括取り込み】
ファイルを一括で取り込んで原稿の管理が可能

少年ジャンプのコンテンツが豊富に揃えられていて、しかも漫画の作成から管理までできてしまう。

漫画を描いている人はもちろん、単に「ジャンプが好き!」って人でも気軽に楽しんで使える漫画作成ソフトってわけです!

そして何度も描いていますが、

無料

なのでね。

気になったら試しにインストールして使ってみてくださいな。