【WordPress】ブログの記事作成はiPad Proだけで完結できる

せっかくiPad Proを購入したので、どの程度記事作成ができるのか、ばーっと書きながら試してみます!
本記事の文章入力・画像編集は全部iPad Proで実施しています。

 


はじめに

まず先に結論を書いてしまいますね。

結論から申し上げますと、文字入力・写真撮影・画像編集などのブログ記事作成作業は

 

iPad Proで完結できますWindowsさんMacさん今までお疲れ様でした!!!!

 

とは言え、作業の快適さなんかはまだまだWindows/Macにかなわないかなーという印象ですので、以下に作業毎の詳細を書いていきますよー!

 

WordPressはブラウザーが良い

僕はWordPressでブログを書いていますが、正直WordPress公式のアプリは好きじゃない。

以前お風呂の時間を有効に使おうと思い、Xperia X Performance (防水) でWordPressのアプリを使用してみたのですが、なんかうまく記事が保存・公開されなかったり “WordPress.com” の方の連携がいちいち鬱陶しかったりして結局記事を書くに至らなかったという思い出があるんですよね…

それに後述しますが、マークダウン記法が利用できないとiPadでの記事作成は格段に面倒になってしまうので、普段Macでの作業時と同様にブラウザー上で記事を作成することにしました。

MacではSafari使ってるけど、なんとなくChromeを使用してます。

 

マークダウン記法で代用するしか…

まずマークダウン記法ってなんやねん!僕もこの記事を書いている時に知ったのですが、

Markdown(マークダウン)は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。本来はプレーンテキスト形式で手軽に書いた文書からHTMLを生成するために開発されたものである。しかし、現在ではHTMLのほかパワーポイント形式やLATEX形式のファイルへ変換するソフトウェア(コンバータ)も開発されている。各コンバータの開発者によって多様な拡張が施されるため、各種の方言が存在する。

Markdown – Wikipedia

つまり、簡易的にHTMLを使うための言語ということですね!ちなみにこの上の引用もマークダウン記法で引用のタグを書いてます。

 

PCで記事を作成する場合、見出しや吹き出しのタグを設定する時は対象部分を選択して “プルダウンやボタン” で設定するか “ショートカットキー” で設定すると思いますが、iPadの場合そのタグ設定操作が非常にやりづらい。

ショートカットキーはそもそも対応していないっぽいし、記事作成画面のツールバーは下の画像のように画面スクロールと共に画面外上部へフライアウェイしてしまうんですよね笑

WordPressはブラウザー上で記事作成をする場合マークダウン記法が使用できるので、今の所はそれで代用するしかないようです。

見出しとかも “###〜〜〜” という風に入力しEnterを押下すると見出しになったりしますね。

iPadもマウス対応してくれれば解決するんですけどね。iOS11でお願いします…!

 

使用したキーボード

とりあえずは純正の “Magic Keyboard” を使用して書いてみてます。

普段Macで記事作成するときもこのキーボードを使用しているので、何不自由なく文字入力が可能でした。

しかし、iPad ではキーボードのカーソルキーを押下するとなぜか [pagedown] キー同様ページが下にスクロールする動作になってしまう。

意図せず画面がずれてしまうということが度々発生しました。

キーボード操作でのカーソル移動ができないのは文章作成において致命的な気が…

なんて思っていましたが、タッチでのカーソル移動も慣れれば楽でした。
僕はこの記事を書き終える頃にはすっかり慣れました!

 

ソフトキーボードでの入力は?

試しに “Magic Keyboard” を接続解除して、ソフトキーボードでの文字入力もやってみた。
というかこの見出し内の文章はソフトキーボードで入力している。

入力に関しては、キーの場所に慣れさえすればタッチタイピングもできるし、変換は逆にちょっと早くなったりして特に困ることはなかったのですが、

とにかく使用できる画面の幅が狭い…

画面の半分も使用できないですね。

キーボードは左右に分割できるので、分割してフリック入力とかすればいいのかも知れないのですが、多いときは5000文字以上も入力するブログ記事作成においては、入力スピードや指の疲労など快適さに欠けることが多い。

なので、iPadで文字入力するならハードキーボード必須ですね。

ただ外出時用に “Magic Keyboard” を持って行くわけにもいかないし、純正の “Smart Keyboard” を買うしかないのかなーと思って調べてみました。

比較的安価なキーボード一体型のケースもあるみたいですね!

 

 

画像の取り扱いは楽

ブログを書く時はほとんどの人が画像を挿入しながら記事を作成すると思いますが、iPadだとその作業がちょっと楽になりますね!

 

作業行程がちょっとスムーズに

これは人によって変わると思いますが、僕の場合は作業がかなりスムーズになりました!

これまでは

iPhoneで撮影した写真をGoogleフォトへアップロード → Macでダウンロードし編集 → WordPressにアップロードし記事へ挿入

という流れで画像挿入作業をしていました。

アップロードしたりダウンロードしたりという作業は、操作自体は単純ですが結構面倒だし、操作するデバイスが途中で変わるのも何度も繰り返してる内にわずらわしくなってきちゃうんですよね。

ですが、iPad Proだと写真を撮影はもちろん画像の編集から挿入までも1つの端末で完了できるので楽です!

 

直感的な画像編集ができる

もともと画像編集で液タブ使ってますって人には関係ないかも知れないけれど、iPadだと画像に文字書いたり部分的にエフェクトかけたりするのがとっても直感的な操作になるので楽です。

iPhoneとかでも直感的な操作で編集できなくはないですが、やっぱり画面が大きいiPadの方がストレスなく作業できるし、Apple Pencilとかも使えば細かいニュアンスとかも出せるのでいいですよね。

新型iPad Pro10.5インチ (2017) + Apple Pencilは液タブとして使えるのか?

iPad Proで書いてみた感想

とりあえず、iPad Proのみで記事作成を完結させてみたわけですが、一番大きな感想は “想像していたよりストレスを感じなかった” です。

“慣れればストレスなんて感じない” と書いた方がニュアンス的には正しいかもしれませんが、よく考えてみたらそりゃそうですよね。

  • ブラウザーでWordPressを開いて作業するのは普段と同じ
  • キーボードを接続すれば文字入力は快適(キー操作の違いはある)
  • マークダウン記法でタグ設定も楽ちん
  • 画像の編集はWindows/Macより直感的でむしろ楽

カーソルキー押下時の挙動が異なるのは1記事書けば勝手に慣れますし、タグの設定もマークダウン記法(めっちゃ簡単)を覚えるかスクロールして画面タップすればいいだけですもの。

いつの間にか「記事作成はPCで行うのが普通。モバイル端末だと大変。」みたいに勝手に思い込んでしまっていましたが、記事作成の障害になりそうなことなんて最初からほとんど存在しなかったということですね。

 

外出時もiPadさえ携行していれば写真撮影・編集〜記事作成までできてしまうことになるので、いよいよノートPCは必要ないかも知れません!

外出時はキーボード一体型のケースも用意すると、さらに快適になりそうですね!

 

 

iPad Pro10.5の使用感についても書きました!

iPad Pro 2017(10.5インチモデル) は最高のエンタメ機器?電子書籍・動画視聴が快適すぎる!

iOS11 パブリック ベータ ソフトウェアを使ってみた記事

iPad Pro10.5インチモデルで 『iOS11 パブリック ベータ ソフトウェア』